アミノ酸摂取は瞬発力を発揮するための環境をつくる

みなさんはアミノ酸の効果を知っていますか?

サッカーのパフォーマンスを向上させるうえで、必要不可欠な瞬発力。

その瞬発力を発揮する環境をつくるのがアミノ酸です。

サッカーのパフォーマンスを向上させたい人にはアミノ酸の摂取をお勧めします。

今回の記事では、なぜアミノ酸が瞬発力発揮の環境づくりにいいのか、どのようにしてアミノ酸を摂取したほうがいいのかというのを中心に話していきたいと思います。

スポンサードリンク



アミノ酸とは

d7189f1b60a52a077e2d59d424c33484_s

こんにちは(^^)

サッカー選手として活動しながら高校生のコーチとしても活動しているyamatoです。

今回の記事では、瞬発力を発揮するための環境をつくるアミノ酸について話していきたいと思います。

僕も最初は、アミノ酸が瞬発力発揮の環境をつくるなんて知らなかったですが、それを知ってからはアミノ酸を意識的に摂取するようになりました。アミノ酸はその他にもいろいろな効果がありますので、サッカー選手にはおすすめです。

では、そもそもアミノ酸とはなんなのでしょうか。

アミノ酸とは、人の体を構成している『タンパク質』をつくっている成分です。

人の皮膚、爪、筋肉、血液、細胞などはすべてタンパク質でできていて、体の20パーセントをしめています。

そのタンパク質はアミノ酸と呼ばれる成分と成分がつなぎ合わさってできているので、僕の場合、体重が65キロなので、13キロのアミノ酸で体がつくられているという風に言いかえることもできます。

アミノ酸の働き

ではアミノ酸はどんな働きをしているのでしょうか。

アミノ酸は細菌やウイルスから体を守る免疫の働きを高めたり、血液の循環をよくして脂肪を燃焼しやすくしたりなどと人間の生命活動を支えるために重要な働きをしています。

また、成長ホルモンを分泌させ筋発達を促したり、トレーニングによって筋肉が破壊されてしまうのを最小限に食い止めたり、運動のエネルギー源となり乳酸の発生を抑え疲れにくくしたり、とサッカーなどのスポーツの場面でも重要な働きを担っています。

筋トレをしたあとプロテインを飲んでいる人もいると思いますが、プロテインは日本語にするとタンパク質です。それが体に入るとアミノ酸に分解され吸収されます。そのアミノ酸が筋肉を作る働きをしているので筋トレの後にプロテインを飲むのです。

中には、プロテインではなく吸収スピードを上げるためにアミノ酸をそのまま摂取できるアミノ酸サプリを飲んでいる人もいます。

スポンサードリンク



アミノ酸が瞬発力発揮にいい理由

アミノ酸がさまざまな働きをしていて、筋肉をつくるのにも大切なことはわかっていただけたと思います。

では、なんでアミノ酸が瞬発力を発揮する環境づくりにいいのでしょうか。

瞬発力が高い人は、あらゆるものに反応してから、動作に移すまでが速くその動作が強い状態です。

その動作を強くするには筋肉の力が必要ですから、アミノ酸を摂取して筋肉を作るのは大切です。

しかし、瞬発力発揮のためのアミノ酸摂取の理由はそれだけではありません。

瞬発力発揮のためには反応から動作までを速くしなければなりません。

つまり、脳からの指令を各筋肉に伝えることが速くなくてはいけないということです。

その脳の指令を筋肉に伝えているのが神経伝達物質です。

アミノ酸はこの 瞬間的な動きに必要な情報を伝える神経伝達物質の主原料となっているのです。

ですのでアミノ酸を取ることで神経伝達物質の働きを整え、脳の命令がスムーズに筋肉へ伝わるようになり、瞬発力を発揮しやすい環境が手に入るのです。

アミノ酸の取り方

では、どのようにしてアミノ酸を摂取していけばいいかということについてお話します。

アミノ酸は体内では作られない必須アミノ酸というものもあるため、食品から取る必要があります。

先ほどからお話していますが、アミノ酸はタンパク質を構成している成分です。ですのでアミノ酸を摂取するにはタンパク質をとります。

タンパク質は体内では作られない必須アミノ酸9種類と非必須アミノ酸11種類の計20種類のアミノ酸で構成されています。

その必須アミノ酸が基準値に対してどれだけ含まれているかを表す数値にアミノ酸スコアがあります。

鶏卵、牛乳、豚肉、牛肉、鶏肉、あじ、さけ、かつおなどの食品はアミノ酸スコアが100なので、これらの食品を食べることで、アミノ酸をとることができます。

しかし、サッカー選手などのアスリートは一般の人よりも、何倍かのタンパク質が必要です。

ですのでこれらの食品を取ることももちろん大事なのですが、プラスでプロテインを飲むことをお勧めします。

プロテインにも20種類のアミノ酸がバランスよく配合されていますし、食べ物から摂取するより簡単にタイミングよくアミノ酸を吸収することができます。

ぼくも、食事をバランスよく取ることを心がけながら、アミノ酸スコア100のプロテインを毎日、トレーニング後や、夜寝る前に飲んでアミノ酸を摂取しています。

それがパフォーマンスにつながっていると実感もしています。

そしてたくさんあるアミノ酸はそれぞれ働きが違います。その働きをピンポイントで摂取したい場合にはアミノ酸サプリをとります。

集中力を高めたいならBCAA。コンディションを整えたいのならグルタミン。などというように自分に今必要なアミノ酸をピンポイントでとります。

アミノ酸サプリはプロテインよりも体に吸収されるまでが早いのと、その働きに合わせて取ることができるのがメリットです。

アミノ酸サプリを取るときは、吸収スピードを考え、トレーニングの30分前やトレーニング中に摂取することが効果的です。

基本的には、食品からアミノ酸を取りましょう!それに加えて、ハードなトレーニングをしている高校生などはプロテインを飲んで、バランスよくアミノ酸を取ることが大切です。

集中力を高めたい、コンディションを維持したいなどピンポイントで効果を出したいときは、アミノ酸サプリもお勧めです。

アミノ酸が瞬発力を高めるのではない

アミノ酸の働きについて話してきましたが、勘違いしてはいけないのが、アミノ酸をとれば瞬発力が上がるということではないということです。

それは、いくら神経伝達物質の環境が整っていても、もともとの筋肉の力がなければ瞬発力を発揮することはできないからです。

先ほどもお話ししましたが、サッカー選手などのスポーツ選手は、必要なタンパク質の量が一般の人より何倍か多いです。

なので、アミノ酸を取ったところですべてがすべて、神経伝達物質のもとになるとは限らないですし、瞬発力を意識して飲んだとしても体の栄養に回ってしまう可能性もあります。

また、瞬発力発揮の背景には本当に色々な要素が隠されているのでそこにも目を向けてあげないといけません。

例えば、クレアチンという筋肉の収縮に必要な栄養をとることも必要ですし、瞬発力を高めるトレーニングをすることも必要不可欠です。

ですので、アミノ酸をとれば瞬発力が上がる!のではなくて、今ある瞬発力を発揮する環境を整えるためにアミノ酸が必要ということです。

車で例えると、いくらアミノ酸といういいガソリンが入っていても、タイヤである筋肉がだめなら、車のスピードは上がらないのと一緒です。

アミノ酸は瞬発力を高めるのではなく、瞬発力を発揮するための因子をベストな状態に保たせるのに必要だということです。

まとめ

サッカー選手において瞬発力を発揮することはパフォーマンス向上させる上でとても大切な要素です。

その瞬発力を発揮しやすい環境をつくるためには、アミノ酸を摂取したほうがいいです。

それは、アミノ酸が、脳が筋肉に送る指令をスムーズに届ける、神経伝達物質の主原料となるからです。

その他にも、筋発達を促したり、疲労を回復させたりサッカー選手にとって大切な働きをします。

アミノ酸はまず、卵や肉、魚などの食品からとります。それに加えてプロテインからもバランスよくとりましょう。

しかし、勘違いしてはいけないのが、アミノ酸が瞬発力を高めるのではないということです。

あくまで、瞬発力を発揮する環境を整えるにすぎません。

瞬発力を高めるには、クレアチンなどのほかの栄養も必要ですし、何より瞬発力を高めるトレーニングをしなければなりません。

みなさんも、しっかりトレーニングをして、その瞬発力を最大限発揮できるようにアミノ酸をしっかりとってパフォーマンス向上につなげていきましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です