【サッカー】ずる賢いプレーの得意なブラジル人、苦手な日本人

サッカーにはずる賢さが必要です。

ブラジル人にサッカーがうまい選手が多いのは、ずる賢い選手が多いからです。

反対に日本人はずる賢さがたりないと言われます。

スポンサードリンク



今回の記事では、サッカーにおけるずる賢いプレーとは何かと、なぜブラジル人にはずる賢いプレーができて、日本人にはできないのかということについてお話ししたいと思います。

ずる賢いプレーとは?

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

みなさんは、「ずる賢いプレー」と聞くとどのようなプレーを想像しますか?

シミュレーションと呼ばれる、ファールをうけていないのに、ファールを受けたかのように振る舞い、レフリーを騙し、PKやFKを獲得するプレーでしょうか?

レフリーの見えないところでユニフォームを引っ張り、相手選手のプレーを妨害することでしょうか?

確かにこれらのプレーはずるいプレーです。

しかし、僕はこれらのプレーを賢いプレーとは思いません。

ブラジル発祥のマリーシアというサッカー用語があります。

これはポルトガル語で、ずる賢さを意味する言葉です。

日本でもマリーシアという言葉をよく耳にしますが、ブラジルで使われているその言葉とは違った意味合いで使われているような気がします。

どちらかというと先ほど挙げた、シミュレーションやユニフォームを引っ張る行為などのレフリーを騙す反スポーツ的行為という解釈をしている人が多いようです。

しかし、実際にブラジルで使われているマリーシアという言葉は、「機転が利く」や「知性」という意味が含まれていて、相手選手と駆け引きを行い、試合を優位に運ぶためのプレーを指すそうです。

サッカーのルールに違反したシミュレーションやユニフォームを引っ張るというプレーではなく、正当なルールの中で相手と駆け引きをして、相手の心理の裏をかくプレーが、ブラジルにおけるずる賢いプレーなのです。

スポンサードリンク



サッカーにおけるずる賢いプレーの具体例

相手と駆け引きをしてその心理の裏をかくプレーがずる賢いプレーであると言いましたが、具体的にサッカーにおいてどのようなプレーがずる賢いプレーなのでしょうか?

例えば、以下のようなプレーがあると思います。

パスを出したいところに正直に体を向けて出すのでなく、ノールックでパスを出すプレー。

裏に走ると見せかけて、足元に落ちてボールを受けるプレー。

思いっきりシュートを打つとみせかけて、チップキックをしてキーパーの頭上を越すシュートを打つプレー。

わざとパスコースを空けといて、そこにパスを出させてパスカットを狙いに行くプレー。

「足元に出せ」と言っておいて、裏に走り出してボールを引き出すプレー。

シザースをして、右に行くふりをして左に抜くプレー。

相手の守備が整わないうちに、リスタートをするプレー。

などなど、ずる賢いプレーとは挙げればきりがありません。

しかし、これらのプレーに共通して言えるのは、相手の心理の裏をかくような、駆け引きが存在しているということです。

相手にとって、その試合を見ている人にとって意外性のあるプレーをして、ゴールやチャンスに結びつけたり、ボールを奪ったり、ゴールを守ったりするプレーをできる選手がずる賢いプレーのできる選手なのです。

それは先ほども言いましたがレフリーを騙す行為ではなく、ルールの範疇で、相手を騙していくプレーです。

ブラジル人選手は、このような相手との駆け引きを楽しみ、自由な発想でサッカーをしています。

ずる賢いプレーができるかどうかは、性格や環境が影響

ブラジル人選手に比べると、日本人はこのずる賢いプレー、つまり相手選手との駆け引きができません。

それは、日本人が勤勉で、規律や秩序を守るという性格が少なからず関係していると思います。

日本人選手は、監督やコーチに「あれをしなさい、これをしなさい」と言われれば、それをしっかりと実践するという傾向にあります。

チームプレーを大事にし、組織として動くことを最優先に考えます。

もちろんこれは悪いことではないです。

サッカーは11人でやるもので、組織としてまとまることは勝利につながる可能性が高まるからです。

とくにディフェンスにおいてはそれが有利に働くことがあります。

しかし、サッカーはあれをしなきゃいけない、これをしちゃダメというようなスポーツではありません。

もっと自由なスポーツです。

自分の自由な発想で、相手との駆け引きを楽しみ、選手一人一人のその場の判断力が問われるスポーツです。

しかし、日本人選手は真面目であるがために、監督がこう言ったからこうプレーをしなきゃいけないという考えになる傾向にあり、相手を見て、相手との駆け引きをすることができないのです。

例えば、フォワードの選手にディフェンスラインの裏をとり、ボールを引き出しなさいという監督からの指示がでたとします。

すると、その選手はなんの駆け引きもなしにただまっすぐ裏に走ります。

もしかしたら最初の1本はチャンスにつながるかもしれません。

しかし、その単純な動きばかりを機械的に続けていたら、相手にその動きを読まれ、対応され続けることになります。

そこに相手の心理の裏をかく駆け引きは存在しません。

反対にブラジル人は、その駆け引きができます。

それはブラジル人が、自分で考えてプレーをしているからです。

ブラジル人は日本のような指導者のいるサッカースクールではなく、ストリートサッカーで育った選手が多いです。

ストリートサッカーでは指導者はいない為、あれをしなさい、これをしなさいという人がいません。

自分が相手に勝つ為に、何をしなければいけないか、自分の頭で考えなければならないのです。

このようなブラジルの土壌が、相手との駆け引きのできるずる賢い選手をたくさん生むことにつながっていると考えられます。

先ほどの例がブラジル人選手だったらどうでしょう?

同じく監督に相手ディフェンスラインの裏を取れという指示がでたとします。

そしたら、相手ディフェンスと駆け引きをして、まず足元に落ちるふりをして、相手ディフェンを食いつかせて、そこから急激に角度を変えて裏に走り出し相手を攻略するでしょう。

また、たとえ裏に走れという指示が出ていたとしても、相手ディフェンスが下がっていると見れば、裏に走るふりをして足元でボールを受け、さらに高い位置で攻撃の起点を作るでしょう。

ブラジル人選手は監督に言われたことをそのままやるのではなく、相手を見て、相手と駆け引きをして、相手を騙しながらより効果的にプレーをします。

相手選手はもちろん、指示を出した監督や見ている人も不意をつかれるようなプレーが出てくるのです。

言われたことをただそのまま機械的にやることの多い日本人選手とは違い、自分の発想があり、自分の判断があるのです。

監督の要求に答えながらも、それに自分の色をつけてプレーする、もしくは監督の要求しているプレーよりもいいプレーを見つけ、実践するのです。

そこには、やはりずる賢さがあり、マリーシアができているのです。

ロナウジーニョはずる賢いブラジル人

ずる賢いプレーのできるブラジル人選手にロナウジーニョがいます。

ロナウジーニョは素晴らしいテクニック、アイデアをもった選手です。

そして、相手との駆け引きを楽しみながらプレーできるずる賢いサッカー選手です。

相手を騙すトリッキーなフェイント、ノールックパス、オーバーヘッドキック。

一つ一つのプレーに、相手との駆け引きがあり、騙し合いがあり、とてもずる賢い選手と言えます。

まとめ

サッカーは騙し合いのスポーツです。

相手を騙すには、相手を見て駆け引きをして、相手の心理の裏をかくずる賢いプレーが必要です。

今回の記事では、ずる賢いプレーのできるブラジル人ロナウジーニョを紹介しました。

みなさんもロナウジーニョのプレーを参考にして相手と駆け引きをして、相手を騙せるようなずる賢いサッカー選手になってください。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です