サッカーのうまい選手とは頭脳プレーのできる選手

日本人にはテクニックはあるが、試合になるとそのテクニックを発揮できない人がたくさんいます。

それは、その選手たちがサッカーにおける頭脳プレーができないからです。

サッカーのうまい選手は頭脳プレーができます。

スポンサードリンク



今回の記事ではサッカーにおける頭脳プレーとは何かについてお話ししたいと思います。

頭脳プレーとは?

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

今回の記事ではサッカーの頭脳プレーとは何かについてお話しします。

みなさんは頭脳プレーと聞くとどのようなプレーを思い浮かべますか?

おそらくトリックプレーと呼ばれるような、ちょっと変わったフリーキックで相手の裏をかくようなプレーを思い浮かべると思います。

この動画のように、トリッキーなプレーで相手をだまし、試合を優位に進めていくプレーのことをスポーツにおいて頭脳プレーといいます。

しかし、サッカーにおける頭脳プレーとはフリーキックのトリックプレーだけではないと思います。

流れのなかでもさまざまな場面で相手の裏をかくプレーであれば、それは頭脳プレーといえます。

サッカーは騙し合いのスポーツです。

相手の裏をかけるような頭脳を持った選手でなければ、サッカーという勝負に勝つのは難しいでしょう。

スポンサードリンク



頭脳プレーのできる選手がサッカーのうまい選手

サッカーというスポーツは、90分という試合時間のなかで、ボールを持ってプレーする時間は、長くても2分程度と言われています。

ですので、ほとんどの時間がボールを持っていない、オフザボールのプレーとなるわけです。

ボールを持っていない時にどんなことを考えて、どんな動きをして、相手の裏をとれるか。

サッカーではそれが非常に大切になってきます。

サッカーのうまい選手というのは、ボールがない時にいろんなことを考えています。

「このディフェンスは今俺のことを見えてないから、あいつがボールを受けたら、このディフェンスの背後に抜け出してパスを受けよう」

「このディフェンスにわざと見られるようなポジションをとって、一歩自分に食いつかせ、前に出てきた瞬間に裏に走り出そう」

「センタリングが来るから、ニアと言ってニアに走るふりをしてファーサイドで受けよう」

などなど、ボールがない時、ボールを受ける前にたくさんのことを考えて、相手と駆け引きをしているのです。

これは立派な頭脳プレーであり、サッカーのうまい選手には共通してこのような相手の裏をかく能力があります。

トラップの技術やキックの技術、ドリブルの技術が高い選手はたくさんいます。

しかし、その技術を何の考えもなしに使ったのでは、相手を攻略できませんし、最大限にその技術を活かせません。

サッカーがうまい選手とは言えません。

相手をだます頭脳を持って、相手と駆け引きができてこそ、持っている技術が活き、サッカーのうまい選手と言えるのです。

頭脳プレーの苦手な日本人

特にブラジル人は、相手の裏をかくプレーであるマリーシアが得意で、常に相手との駆け引きを楽しんでプレーしています。

サッカーのうまい選手が多いのは、勝負に勝つための頭脳を持った選手が多いからなのです。

しかし日本人はそのようなプレーは苦手な傾向にあるように感じます。

それは日本人に、真面目で正直な性格の人が多いということが1つの理由であると感じます。

勤勉なことは日本人の長所です。

しかしそれは、相手をだまさなければいけないサッカーにおいて、意図を読まれやすくなってしまうという欠点にもなりかねないのです。

例えば、フォワードの選手にディフェンスラインの裏をとり、ボールを引き出しなさいという監督からの指示がでたとします。

すると、その選手はなんの駆け引きもなしにただまっすぐ裏に走ります。

もしかしたら最初の1本はチャンスにつながるかもしれません。

しかし、その単純な動きばかりを機械的に続けていたら、相手にその動きを読まれ、対応され続けることになります。

そこに相手の心理の裏をかく駆け引きは存在しません。

反対にブラジル人は、その駆け引きができます。

それはブラジル人が、常に相手を騙そう、相手の裏をかこう、そして目の前の勝負に勝とうという頭脳を持ってプレーをしているからです。

先ほどの例がブラジル人選手だったらどうでしょう?

同じく監督に相手ディフェンスラインの裏を取れという指示がでたとします。

そしたら、相手ディフェンスと駆け引きをして、まず足元に落ちるふりをして、相手ディフェンを食いつかせて、そこから急激に角度を変えて裏に走り出し相手を攻略するでしょう。

また、たとえ裏に走れという指示が出ていたとしても、相手ディフェンスが下がっていると見れば、裏に走るふりをして足元でボールを受け、さらに高い位置で攻撃の起点を作るでしょう。

ブラジル人選手は監督に言われたことをそのままやるのではなく、相手を見て、相手と駆け引きをして、相手を騙しながらより効果的にプレーをします。

相手選手はもちろん、指示を出した監督や見ている人も不意をつかれるようなプレーが出てくるのです。

言われたことをただそのまま機械的にやることの多い日本人選手とは違い、自分の発想があり、自分の判断があるのです。

それは、やはり勝負に勝つための頭脳があり、サッカーにおける頭脳プレーができているということなのです。

まとめ

サッカーの頭脳プレーとは、相手の裏をかくプレーです。

日本人はボールを扱う技術は高いのですが、真面目で正直な性格なため、頭脳プレーが苦手な傾向にあります。

しかし、目の前の勝負に勝つためには、相手を騙したり、自分の意図を読まれないようにするプレーが必要不可欠です。

サッカーの勝負に勝つためには技術だけではなく頭脳も必要なのです。

みなさんもボールを持っていないときに、相手の裏をかくことを考えてみましょう。

もっと相手を見る時間を増やして、相手と駆け引きをしてみましょう。

それが勝負に勝つために、うまいサッカー選手になるために大切なことなのです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です