【サッカー】逆足のキック練習をする時に意識すること

サッカー選手にとって、両方の足を使えることは、パフォーマンスに直結します。

逆足のキックの飛距離がでない、精度が安定しないというみなさん。

逆足のキックの練習はある意識をもって行えば、飛距離が出るようになり、精度も安定してきます。

スポンサードリンク



今回の記事では、逆足のキックの練習をするときに意識することについてお話しします。

逆足のキック練習をするべき理由

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

今回の記事では、逆足のキック練習をするときに意識することについてお話ししたいと思います。

その前に、逆足のキックを練習するべき理由についてお話しします。

サッカー選手にはほとんどの人に利き足があります。

右利きなら、左足より右足のキックの方が飛距離が出たり精度が高いのが一般的です。

ですので、それぞれのポジションで、利き足を活かしたプレーができればパフォーマンスにつなげることができます。

しかし、相手選手もそれをやらせたくはありません。

得意な足を使わせないようなディフェンスをしてきます。

特に左利きの選手は、左足の精度は高いが右足は全く使えないという選手が多くいます。

相手に左足の前に立たれると、なにもできなくなってしまう選手が多くパフォーマンスが低下してしまうのです。

そうならないためにも逆足の練習をして、ある程度の技術をつけておくことは大切になってきます。

どちらの足でも精度高くプレーできることに越したことはありません。

また、逆足である程度の精度でプレーできることを見せれれば、相手はそちらの足もケアせざるを得ません。

そうすることによって、また利き足を活かすプレーができます。

パフォーマンスを上げることができるのです。

ですので、利き足だけでなく逆足の練習もして、精度高くプレーできるようになることは必要なことなのです。

スポンサードリンク



左足のキックの精度が武器の中村俊輔選手も、右足である程度の精度でプレーができます。

中村選手は左足をケアされることが多いので、右には比較的簡単にボールを運ぶことができます。

そんな時に、右足でもシュートやパスを出せることを見せます。

すると相手の頭には、次はそちらのケアもしなければいけないという意識が植え付けられます。

そしてまた、得意な左足でのプレーを活かせるのです。

逆足のキック練習をする時は体を大きく使う

逆足のキックの飛距離を上げたり、精度を上げるには練習するしかありません。

なぜ逆足のキックが飛ばなかったり精度が低いのかといえば、単純に逆足でボールを蹴る機会が少ないからです。

逆足のキックは練習しただけうまくなります。

逆足で蹴る機会を増やして、その飛距離と精度を高めていきましょう。

そのときにある意識をもって練習することが大切です。

それは、足だけの力で蹴るのではなく、体全体の動きを使って蹴るということです。

これは逆足のキックに限ったことではありませんが、キックに飛距離が出なかったり、思ったところに飛ばなかったときは、体のどこかに力みが生まれ、力でボールを飛ばそうとしていることが多くあります。

特に逆足では、慣れていないがために余計なところに力みが生じ、うまくボールに力が伝わらず飛距離が出なかったり精度が安定しません。

そんなときに体を大きく動かして、その体の動きでボールを蹴る意識を持てばボールに力が伝わりやすくなります。

具体的には、腕を大きく振り上げます。

左足でキックをするときには、右腕を、右足でキックするときは左腕を大きく振り上げましょう。

すると、上半身、特に胸が大きく開きます。

そこから、振り上げた腕と蹴り足を引き寄せるようにしてボールを蹴りに行きます。

体が伸びた状態から、一気に縮めてボールにインパクトしに行きます。

例えて言えば弓矢のような感覚です。

腕を大きく振り上げ胸を広げることで、体を弓のようにしならせ、蹴る瞬間に一気に縮めてボールに力を伝えることで、ボールは矢のように飛んでいきます。

また、このような体の動きを使ってキック練習を重ねることで、同じホームで蹴れるようになってきます

同じホームで蹴れるということは、同じところにボールを蹴れる確率が高まるということです。

キックの精度が安定するのです。

また、体の動きでボールを捉えることは、キックの練習のしすぎでおこる怪我を防ぐことができます。

逆足のキックの練習の時に力で飛ばそうとすると、その箇所に負担が多くかかり怪我をしてしまう可能性が有ります。

キックの蹴りすぎで、内転筋を痛めたり、もも前の筋肉を痛めた経験のある人も多いと思います。

僕も昔、左足のクロスの練習をしすぎてもも前の筋肉の筋断裂をおこしてしまいサッカーができない時期がありました。

余計なところに力を入れて練習していたため、そのような怪我につながってしまったのです。

このような怪我を防ぐためにも、体を大きく使うことを意識した練習は大切になってきます。

ですので、逆足のキックの練習をするときは、足の力だけで蹴るのではなく、体全体を大きく使うことを意識して練習しましょう。

逆足のキック練習の前にやる体幹トレーニング

逆足のキック練習には、体を大きく使うことが大切だとお話ししました。

ですので、自分の体を大きく動かせないといけません。

自分の体を大きく動かす時に大切なのが、体のバランスです。

体のバランスは体幹トレーニングをすることによって鍛えられます。

体幹トレーニングをすることによって、手や足をより大きく動かすことができるようになるのです。

手や足をスムーズに大きく動かせるようになればキックの飛距離が出たり、精度が安定することにつながります。

ここで、逆足のキック練習に入る前に、毎日行って欲しいおすすめの体幹トレーニングのメニューを1つ紹介したいと思います!

【片足クロスモーション】

片足を上げ、上げている方にボールを抱えます。

体を倒しながら、足を後方へ、ボールを前に出します。

この時、体がT字になるように行います。

接地している方の脚の膝は軽く曲げ固定してください。

その後元の状態に体を戻します。

これを繰り返します。

逆足のキック練習前に左右各10回ずつ、3セット行えるといいです。

上のような体勢ではなく、なるべくT字になるように頑張ってやってみてください。

最初はバランスをとるのが結構難しいと思います。

しかし、これを繰り返し行えば、体のバランス感覚が養われ、体を大きく使えることにつながり、キックの飛距離を出したり、ホームを安定させ精度を高めることにつながります。

そしてこれらの体幹トレーニングを行う時は、体幹を常に意識して、腹筋に力を入れる感じで、腹圧を高めて行うようにしてください。(ドローイン)

回数やセット数は、自分の今の能力などに合わせて変えても構いません。

大事なことは、しっかりした姿勢で行うことと、体幹を意識して、腹圧を高めて行うことです。

まとめ

サッカー選手にとって、両足遜色なく使えるようにすることは、パフォーマンスを上げる上で大切なことです。

まずは得意な足を最大限生かせるようなプレーを考えることは大切です。

しかし、それを封じられても逆足で、ある程度のプレーができれば、相手もそちらのサイドのケアもしなければなりません。

そうすれば、また利き足をより活かしたプレーができます。

逆足のキック練習は、体を大きく使うことを意識することで飛距離が出たり、精度が安定します。

力ではなく、体の軸でボールを捉えられるような感覚をつかめると上達するでしょう。

また、体幹トレーニングも大切です。

今回紹介した体幹トレーニングも、サッカー上達の手助けになるものなので是非取り組んでみてください^ ^

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です