【サッカー守備戦術】前線からのプレスに大切なこと

サッカーの守備戦術に前線からのプレスがあります。

この守備戦術は、相手の攻撃の前進を防ぐため、ゴールを守るため、そしてボールを奪って自分たちの攻撃の時間を作るためにも大切な戦術です。

スポンサードリンク



今回の記事では、前線からのプレスをする時に大切なことについてお話ししたいと思います。

前線からのプレスとは?

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

今回の記事では、サッカーの守備戦術の1つ、前線からのプレスについてお話しします。

まず、プレスとはなんでしょうか?

日本語で言えば、圧力をかけるというような意味の言葉です。

サッカーにおいてのプレスも、その意味はほとんど一緒です。

守備の時に相手のボールフォルダーなどにアプローチをかけ、圧力をかけることをプレスといいます。

アプローチは選手一人一人がおこなう行動を指しますが、プレスやプレッシングは、グループでの行動を指すことが多いです。

ですので前線からのプレスとは、チームの前線の選手であるフォワードやオフェンシブのMFなどが、連動して相手の最終ラインの選手に対して積極的にアプローチをかけることを言います。

そうすることで、相手のボールを直接奪ったり、パスコースを限定して後ろの選手にボールを取らせたり、相手の攻撃の前進を妨害したりします。

「前プレ」や「前からかける」などとも呼ばれ、現代のサッカーでは多くのチームが採用している守備戦術です。

スポンサードリンク



前線からのプレスのメリット、デメリット

前線からのプレスにはメリットとデメリットが存在します。

前線からのプレスのメリット

まずはメリットです。

それは、相手コートでサッカーができるということです。

前線の選手が、相手のディフェンスラインに対してプレスをかけるので、その圧力がうまくかかれば、ゴールに近い位置でボール奪取に成功し、高い位置から攻撃をスタートできます。

そうすれば、シュートまで行ける可能性が高まり、ゴールの可能性を高めることができます。

同時に、自陣ゴールから遠いところで守備ができるので、自陣に押し込まれてピンチになる可能性を軽減できるのです。

前線からのプレスのデメリット

デメリットです。

それは、前線からのプレスを回避されてしまうと、ディフェンスラインの裏のスペースを使われてピンチを招く可能性があるということです。

前線の選手が、積極的に前へプレッシングをするということは、最終ラインを上げてチーム全体がコンパクトになっているということです。

ディフェンスラインを高い位置に設定することで、前線の選手がプレスをかけれるようになります。

ですので、なんらかの理由で前線のプレスを剥がされて、相手ボランチなどが前向きでボールを持ってしまうと、相手の前線の選手に、広大に空いたディフェンスラインの裏のスペースに走られてしまう可能性があるのです。

また、前線からのプレスは体力的に疲れます。

ボールフォルダーに対して圧力をかけ続けなければいけないので、前線の選手は15〜30Mのスプリントを繰り返し続けなければなりません。

ですので、夏場などは非常にきつくなってくることが予想されます。

疲れてきて、そのプレスが中途半端になれば、プレスを剥がされピンチを招くことにもなりかねません。

以上が前線からのプレスのメリット、デメリットです。

前線からのプレスをするときはコンパクトを作る

前線からのプレスは選手一人一人が連動して行えば、非常に有効な守備戦術です。

そのためには、最終ラインを高く設定しコンパクトな陣形を作らなけらばいけません。

前線の選手が前に積極的にアプローチにいっているのに、後ろの選手との距離が遠いと、ディフェンスラインと中盤のラインの間や、中盤のラインとフォワードのラインの間が空いてしまいます。

いわゆる「間延び」した状態になってしまうのです。

そうすると、相手の中盤の選手にボールが渡ってしまい、前を向かれて、よりゴールに近い位置で攻撃の起点を作られてしまいます。

そうならないためにも、ディフェンスラインを押し上げて、ディフェンスラインから前線までの距離が近くなるようにしてチーム全体がコンパクトになるようにしましょう。

そうすれば、前線の選手がプレスをかけて、パスコースを限定すれば、その後のパスの出どころにもプレスをかけることができます。

ボールに対してプレッシャーをかけ続けることができボールを奪うことがでるのです。

また、しっかりとコンパクトを作ってプレスをかければ、味方一人一人との距離が近くなります。

一人一人の距離が近ければ、ボールを奪った後にも近くにたくさん味方がいることになり、効果的にボールを動かすことができ、いい攻撃につなげることができます。

前線からプレスをかけるならワントップよりツートップ

前線からプレスをかける場合はワントップよりツートップの方が効果的です。

それは、ワントップよりツートップの方が相手のセンターバックに対して、縦パスのコースを消したアプローチをかけることができるからです。

現在のサッカーでは、ディフェンスラインは3人か4人でボールを動かすことが多いです。

その3人4人に対して、1番初めにプレスをかけるフォワードが1人なのか、2人なのかではプレスのかかり具合が違うのは当然です。

ツートップであれば、相手のセンターバックに対して、縦パスのコースを切りながらプレスをかけることができます。

しかし、ワントップであれば相手のセンターバックの2人や3人に対してプレスをかけきれず、センターバックが前へボールを蹴れるフリーな状態でボールを持つことができてしまいます。

ドリブルで持ち上がられてしまうこともあるでしょう。

つまり相手の前進をゆるしてしまうことになり、後ろの選手はパスコースを限定できずラインを下げざるを得なくなり、押し込まれた展開になってしまう可能性があるのです。

ですので、しっかりとツートップで、相手のセンターバックにプレスをかけて、相手のサイドバックにパスを誘導して追い込むことが大切です。

サイドバックにボールが出される段階で、サイドハーフの選手が連動してプレスをかければ、相手の攻撃を限定できたり、前進を防げるでしょう。

ワントップを採用するチームでも、前線からのプレスをする守備の時には、ワントップとトップ下の選手が協力して相手センターバックにプレスをかけたり、シャドーの選手が前線に出てきてプレスをかけたりすれば前からいくことも可能です。

大切なことは、相手のセンターバックに対して、ボランチへのパスコースやフォワードへのパスコース、つまり縦パスを出させないようなアプローチをかけるということです。

その時に1人ではなかなかコースを限定するのは難しいので、守備時にはツートップになることをお勧めします。

まとめ

前線からのプレスを守備戦術として採用するチームはたくさんあります。

高校サッカーでは、立ち上がりの10分くらいは、両チームとも相手にリズムを掴まれたくないので前線からプレスにいくチームが多いです。

また、負けていて残り時間が少なければ前線からプレスをかけざるを得ません。

そんな時にしっかりとチームとして前線からのプレスが機能するかは勝敗を分けるとても大切なことです。

今回の記事では、前線からのプレスで大切な、コンパクトを作るということと、前線の選手の人数のかけ方についてお話ししました。

これ以外にも、アプローチの仕方や、ボールの奪い方など大切な守備戦術がたくさんあります。

それらに関してはこちらの記事で紹介していますので是非読んでみてください^ ^

サッカーのディフェンスの間合いの詰め方

サッカーのディフェンス時の足の出し方

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です