【サッカー】リベロはなぜ消えた?ディフェンスの立ち位置と役割の変化

みなさんは、サッカーのリベロと呼ばれる選手を知っていますか?

おそらく、現代のサッカーではリベロという言葉自体、あまり耳にすることはないと思います。

リベロと呼ばれる選手は、ディフェンスの立ち位置や役割の変化によって消えて行きました。

スポンサードリンク



今回の記事では、サッカーのリベロについてと、守備戦術の変化についてお話しします。

リベロとは?

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

今回の記事では、昔いたリベロといわれる選手がなぜいなくなったのか、そしてディフェンスのポジション取りの位置と役割の変化についてお話しします。

まずリベロという選手についてです。

リベロとはディフェンスの選手の1人なのですが、攻撃になれば中盤や前線の位置まで上がり、積極的に攻撃に参加していく選手のことを指します。

ディフェンスはある程度決まった立ち位置を守り、守備に備えておくという役割があります。

しかしリベロは、リベロ(イタリア語で「自由な人」)という名の通り、ディフェンスの中でも比較的自由に攻撃的にプレーできるのです。

リベロはスイーパーから生まれた

現在のサッカーでは、ディフェンスの選手が横一直線に並びディフェンスラインを構成しているチームがほとんどです。

しかし、一昔前までは、3人のディフェンスの後ろの位置に1人、スイーパーと呼ばれる選手を配置したシステムが主流でした。

スイーパーは掃除人と呼ばれ、前にいる3人のディフェンスのカバーにいける立ち位置を常にとり、前の3人が抜かれた場合や、3人のディフェンスの背後にボールが出された場合にカットしたりクリアしたりするという役割がありました。

スイーパーは、基本的には相手選手をマークしないで常に余っている状態で、相手の攻撃の芽をつむことが役割です。

ですので、攻撃に転じたときにも比較的フリーでボールを受けやすく、次第に積極的に攻撃参加する選手が増えていきました。

そこで、守備時にはスイーパーの位置にいるけれど、攻撃になったら自由に前へ上がり攻撃参加する選手をリベロというようになりました。

このようにして、リベロと呼ばれる選手はスイーパーから生まれたのです。

スポンサードリンク



現代サッカーにリベロが消えた理由

現代サッカーではリベロという言葉を聞くことはほとんどありません。

その理由は、ディフェンスの仕方の変化にあります。

先ほどもお話ししましたが、一昔前のディフェンスのシステムはディフェンス3人と、その後ろの位置に1人を置く逆三角形の形をした4人のディフェンスが主流でした。

そしてその後ろの1人が、積極的に攻撃参加する選手であればリベロと呼ばれていました。

その当時のディフェンスの仕方は、マンツーマンディフェンスです。

前にいる3人のディフェンスに相手選手をマンマークさせ、リベロの選手は1枚余ってカバーリングをするという守備方法でした。

しかし、現代のサッカーではゾーンディフェンスが主流になってきました。

ゾーンディフェンスは人につくのではなく、スペースを潰していこうという考え方の守備方法です。

ですので、ディフェンスの選手は横並びになり、1直線のラインを構成します。

そして、オフサイドのルールをうまく活用して、そのラインをコントロールすることによって相手がプレーできるスペースを潰していくようになりました。

そのため、ディフェンスの後ろの立ち位置を取っていた、リベロやスイーパーといった選手がいなくなり、ディフェンスの選手は全員が横並びの立ち位置を取るようにったのです。

代わりにオフサイドラインを構成しないゴールキーパーがエリアを飛び出して、ディフェンスラインの裏のスペースを守るスイーパーの役割をしています。

このような守備戦術の変化によってリベロやスイーパーと呼ばれる選手が消えて行きました。

現代サッカーにおけるディフェンスの立ち位置の変化

昔と現代のサッカーでは、ディフェンス時の立ち位置にはどのような違いがあるのでしょうか?

昔はマンツーマンディフェンスが主流でした。

マンツーマンディフェンスの時のディフェンスの位置取りの基本は、ボールと相手が見える位置で、なおかつ相手とゴールを結ぶ直線上に立つというものでした。

相手選手と守るべきゴールの間に体を入れ、相手選手がどこに動いてもついていくことで相手の自由を奪いディフェンスをしていました。

そのマークを突破されてしまっても、さらに後ろにいるリベロやスイーパーがカバーリングをしていました。

しかし、現代サッカーでは、スイーパーをなくし、ディフェンスラインを構成してそのラインをコントロールすることで、チーム全員がコンパクトな隊形をとり相手のプレーする時間とスペースを奪うというゾーンディフェンスに変わっています。

ゾーンディフェンスでのディフェンスの立ち位置は、マンツーマンディフェンスとは異なります。

ゾーンディフェンスでは、ボールの位置、味方の位置、最後に相手の位置を見てそのポジション取りを決めます。

相手がどこにいようと、まずはボールの位置と味方の位置を確認して、ボールの周辺に対して人数を多くかけるようにします。

そしてボールがあるところに対して、みんなでチャレンジとカバーを作り続けることができる立ち位置をとるのです。

ですので昔と比べて、ディフェンスの位置は高くなりました。

たとえ、相手が自分よりも自陣ゴールに近くても、オフサイドラインを作っているので相手と自陣ゴールの間に位置しなくてもよくなったのです。

昔と今のサッカーのディフェンスの役割の変化

そのような守備戦術の変化にともなって、ディフェンスの役割も少しずつ変化してきました。

昔のディフェンスは、相手をマークして、相手に攻撃をやらせないという守備の役割がほとんどでした。

たとえ攻撃をしていても、自陣に残っている相手選手をマークし、また攻撃されたらその選手を抑えるという守備の仕事がほとんどです。

また、そのディフェンスの選手の中でも役割が分かれていました。

前にいる3人のディフェンスがストッパーとして相手をマークする役割を担い、リベロやスイーパーがカバーリングの役割を担っていました。

しかし、現代のサッカーでは、ゾーンディフェンスの普及によって、ディフェンスラインの選手全員がストッパーの役割もカバーリングの役割も両方こなさなければならなくなっています。

また、攻撃している時には、ディフェンスラインを押し上げ、味方同士の距離を近くし、サイドバックやセンターバックの選手でも積極的に攻撃参加して、チャンスを作り出すことも求められています。

ですので、昔はリベロだけであったディフェンスの選手の攻撃参加も、現在のサッカーでは、誰にでも攻撃参加が可能で、タイミングのいいオーバーラップや、ビルドアップの能力が必要なのです。

このようなディフェンスの役割の変化もリベロと呼ばれる選手がいなくなった要因の1つだと考えられます。

まとめ

リベロと呼ばれる選手がいなくなった現在、ディフェンスの選手全員に守備と攻撃両方の役割が求められています。

ディフェンスの位置も昔に比べ高くなり、守備時にはラインコントロールをして、チーム全体をコンパクトにしてボールを奪いやすくします。

攻撃時には、サイドバックの選手であれば、サイドを駆け上がり、クロスを上げたりシュートを打ちます。

センターバックはビルドアップから攻撃の一手となるパスを繰り出す役割があります。

リベロと呼ばれる選手がいなくなっても、リベロのような守備も攻撃もできる選手が現在のサッカーのディフェンダーに求められているのです。

現在のサッカーのディフェンスの役割については、こちらの記事もチェックしてみてください^ ^

【サッカー】ラインコントロールの仕方!練習から共通意識を

【サッカー守備戦術】前線からのプレスに大切なこと

サッカーのゾーンディフェンスでボールを奪うための各ポジションの役割

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です