【サッカー】パワープレー時の最適なフォーメーションとは?

サッカーにおけるパワープレーは、負けている時やどうしても点が欲しい時に行う戦術です。

高校サッカー選手権などでは、試合終盤の残り時間がわずかな時に、多くのチームがパワープレーを行い、劇的な同点ゴールや決勝ゴールが生まれています。

しかし、パワープレーというのは諸刃の剣で、前に人数をかける分、点をとれる可能性も高まりますが、後ろのバランスが崩れ追加点を奪われる可能性も高い戦術です。

そんなパワープレーのリスクを最小限にくいとめ、点を取りにいきやすいフォーメーションがあります。

スポンサードリンク



今回の記事では、パワープレーをする時におすすめのフォーメーションを紹介したいと思います。

パワープレーとは?

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

パワープレーは残り時間がわずかで、負けている時やどうしても点が欲しい時などにとるサッカーの戦術の1つです。

具体的な内容としては、身長が高い選手や、ヘディングが強い選手を前線に配置し、その選手めがけて早めに浮き球のロングボールを送り、そのセカンドボールを拾いゴールに迫っていこうとするやり方です。

ディフェンスのビルドアップから攻撃を組み立てるという時間を省き、中盤を省略して早くボールをゴールの近くに送りシュートチャンスを作っていきます。

後ろや中盤でのパスの本数が減るので、中途半端な位置でボールを失うリスクを軽減できるとともに、時間をかけずにボールを相手ゴール前に確実に運ぶことができ、相手を押し込むことができます。

しかし、パワープレーは不確定要素の多い戦術です。

自分たちがセカンドボールを拾ってシュートチャンスを得たり、相手がクリアミスをしてそれを拾ってシュートに持ち込めるかもしれません。

逆に、全然ヘディングで勝てなくて、セカンドボールを拾われてカウンターを受けることもありますし、ヘディングで勝てたとしてもことごとく相手にセカンドボールを拾われて、シュートまでいけないこともあります。

バランスを崩して、前に人数をかけているため、カウンターをくらい追加点を奪われ負けてしまう可能性もあります。

ですのでパワープレーはどちらにころぶかわからない、一か八かの戦術といってもいいでしょう。

ちなみにフットサルでのパワープレーとは、ゴールキーパーをコートプレーヤーに変えて、5人のコートプレーヤーで攻撃することをいいます。

この戦術も残り時間わずかで負けていて、どうしても1点取りたい時に使う戦術です。

コートプレーヤーが1人多くなるので、数的優位を作り攻撃を優位に進めることができますが、何かミスがあってボールを取られてしまったら、キーパーのいない無人のゴールにシュートを打たれてしまうというリスクのある、まさに一か八かの戦術です。

スポンサードリンク



パワープレー時のおすすめフォーメーションは3−4−3

パワープレーをする時というのは、どうしても点が欲しい場合ですので、ある程度前に厚みを作るようにして攻撃します。

その時に後ろのバランスを崩しやすく、カウンターを受けやすいのですが、その中でもバランスを最低限、維持しながらパワープレーを行うことのできるフォーメーションがあります。

それは3−4−3です。

3−4−3であれば、後ろにもある程度のバランスを保ちながら、前に厚みを作ることもでき、失点のリスクを軽減しながら得点のチャンスを生み出すことができます。

僕の指導している高校生のチームは、パワープレーをする時はこのフォーメーションになり、何度も劇的なゴールを生んできました。

今では、選手たちがパワープレー時におけるそれぞれのポジションの役割を理解し、より効果的にその戦術を実行できるようになっています。

では、パワープレー時における3−4−3のそれぞれのポジションでの役割について説明していきたいと思います。

パワープレー時のディフェンス3人の役割

ディフェンスは3人いることによって、相手のフォアチェックを剥がし、前線へフィードができる状態をつくることができます。

パワープレー時は、勝っているチームは押し込まれるため、後ろに人数をかけざるを得ませんが、チームによっては積極的に前からボールにプレッシャーをかけてくるチームもあります。

その場合多くても2人でかけてくることが予想されます。

そんな時に3人のディフェンスがいれば、相手の2人に対してキーパーを含めて4対2で数的優位を作り、どこかでロングボールを蹴れる状態を作ることができると思います。

また、パワープレーでしばしば受けるカウンターも、3枚しっかりとディフェンスが残っていれば、相手にマンツーマンでついたり、攻撃を遅らせて味方の帰りを待ったり、それなりに対応することはできると思います。

ディフェンスが4人では、前の人数が減ってしまい厚みがでませんし、2人だと失点をくらうリスクが一気に高まります。

3人が前にも人数をかけられ、ディフェンスもできるという適度な人数なのです。

パワープレー時のミッドフィルダーの役割

中盤の4人は横並びになります。

その中でもサイドの選手2人はタッチラインいっぱいに張り、幅を作ることをおすすめします。

そうすることで、プレッシャーがかかっていなかったら、サイドでボールを受け、そこからターゲットマンに向けてフィードをすることができます。

どうしても、ディフェンスの3人や、キーパーからのボールというのはピッチ中央からのロングキックになってしまいます。

すると角度がつかず、ターゲットマンがヘディングで競る時に相手選手の方が有利になってしまいます。

しかし、中盤のサイドの選手から角度のついたフィードが来ることによって、ターゲットマンはヘディングしやすくなり、よりゴール前にセカンドボールを拾うチャンスを作りやすくなります。

サイドに張ることによってクロス気味のロングフィードから、効果的な攻撃を仕掛けることができるのです。

ボールが来なかった逆サイドの中盤の選手は、そのまま中に入っていってゴール前の人数を増やしましょう。

そしてミッドフィルダーの真ん中2人は、前線に放り込まれたボールのセカンドボールが後ろにこぼれた時に拾うという役割があります。

あまりゴール前に侵入しすぎるのでなく、相手がクリアした場合や、なんらかの理由でボールが後ろにこぼれた場合に、それを拾って二次攻撃をできるようなポジション取りが大切です。

また、そのようなポジションにいることによって、中盤のスペースを埋め、相手のカウンターを未然に防ぐという役割もあります。

状況によっては1人でその役割をこなし、もう1人はゴール前に侵入し、厚みを作ってもいいかもしれません。

パワープレー時のフォワード3人の役割

フォワードの3人はよりゴール前にポジションをとり、得点を決める役割があります。

3人のうち最低1人はターゲットとなる身長の高い選手や、ヘディングの強い選手を置きましょう。

残りの2人は、そのセカンドボールを拾えるように、ターゲットマンの近くにポジションを取ります。

その時、ターゲットマンがヘディングで勝つことを信じて、ターゲットマンよりゴール寄りでボールを拾えるようにポジションを取るようにしましょう。

もし、負けて後ろにこぼれてしまったら、それは中盤の選手に任せます。

とにかく、よりゴールに近い位置でセカンドボールを拾えるように位置しシュートチャンスにつなげていくことが大切です。

まとめ

以上がパワープレーをする時におすすめの3−4−3のフォーメーションの主な役割です。

しかし、これはあくまでも僕の経験からベストだと感じたフォーメーションです。

チームによっては後ろを4人にするところもあるでしょうし、キーパーまで前にあげてリスクを背負いながら攻撃する手段をとるチームもあると思います。

チームの戦術というのは、監督の考えやそのチームの選手たちで成り立っていますので、実際にみなさんがパワープレーをする時はそれらのことを考慮して行ってください。

しかし、このフォーメーションは、パワープレーというバランスをくずしやすい戦術の中でも、最低限のバランスを保ちながら得点のチャンスを生み出せるフォーメーションなのでおすすめです。

サッカーは最後の笛が鳴るまで何が起こるかわかりません。

パワープレー時のそれぞれのポジションの役割をしっかり理解して、チームで劇的なゴールを奪いましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です