【サッカー】パスアンドゴーの練習はなぜ必要?

サッカーの基本であるパスアンドゴーの練習をおろそかにしていませんか?

パスアンドゴーの練習をしっかりやらないと試合でパスを出したら止まってしまう選手になってしまいます。

逆に、パスアンドゴーができる選手というのは、監督やコーチに重宝されますし、ボールに関わり続けることができます。

スポンサードリンク



今回の記事では、パスアンドゴーの練習がサッカーになぜ必要かというのをお話ししていきます。

パスアンドゴーとは?

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

今回の記事ではパスアンドゴーの練習がなぜ必要なのかということについてお話ししていきます。

その前にパスアンドゴーとはなんなのかについて整理しておきましょう。

パスアンドゴーとは、その名の通り、パスを出した後に走るということです。

走るというのもただ、だらだら走るということではなく、「ゴー」ということなので、それなりのスピードで走ることを意味します。

ほとんどダッシュです。

同じようなサッカー用語にパスアンドムーブというのがあります。

だいたい意味合いは一緒ですが、パスアンドゴーはパスを出した方面(前方)へ走ることを意味し、パスアンドムーブはパスを出した後にボールの行き所に関係なく動くという意味合いで使用されます。

ムーブということなのでダッシュまで行かなくても止まらずに動くという意味が強めです。

どちらもサッカーにとって必要な基本の動きでありますが、特にパスアンドゴーをすることはサッカーの攻撃において重要なメリットがあります。

パスアンドゴーをすることによってサポートが継続され続ける

パスアンドゴーをすることによって得られる最も重要なメリットはサポートが継続され続けるということです。

パスを出した後に味方選手に走って寄ったり、スペースに走ることは、1つのサポートを作ることにつながります。

パスを出した後にスペースに走って、ボールを受けてワンツーを成立させてもいいですし、パスを出した後に味方選手に駆け寄って、リターンパスを受けるサポートをしてもいいと思います。

サポートが1つでも増えることによって、ボール保持者の選択肢が広がり、守るディフェンスは狙いが絞りづらくなります。

パスアンドゴーをすることでボールに関わり続けることができ、安定したパスコースの供給ができるのです。

またパスアンドゴーをすることはスペースを生み出すことができます。

例えばパスを出す前に、相手選手がチェックにきていたら、パスを出した後に走ることによって相手選手はその動きについていかなければいけないことがほとんどです。

相手がついてくればスペースというのが生まれます。

ゴーをしてパスを受けることができなくても、味方選手が使えるスペースを生みサポートをすることにつながるのです。

そのスペースを、パスを受けた人がドリブルで使ってもいいですし、3人目の選手が入ってきてパスコースを供給してもいいと思います。

パスアンドゴーは、相手がついてくればスペースを作ってサポートができますし、相手がついてこなければフリーでボールをもらうことができ、どちらにしてもサポートを継続しやすいということになります。

パスを出しっぱなしにしないで、ゴーをすることによって、パスの受け手をサポートし選択肢を供給し続けることができるのです。

スポンサードリンク



メッシはパスアンドゴーの名手

バルセロナなど、1試合を通じてボールを保持したいというチームはサポートの作り方がとても上手です。

一人ひとりが適切なポジショニングをとり、ボール保持者に対して、幾つかのパスコースをつくります。

そして、それぞれがその状況にあった判断をし続けることによってボールを保持し続けています。

それは、フィニッシュに入る前の相手ゴール前のエリアでもそうで、ペナルティエリアに入ってからもサポートを増やし、選択肢を作り続けています。

その選択肢の作り方で多いのがパスアンドゴーです。

パスアンドゴーを使うことによって、もう一度パスを受けたり、スペースを作って他の人がサポートしたりすることによってゴール前の細い崩しを可能にしているのです。

バルセロナのゴール前での崩しには必ずと言っていいほどパスアンドゴーが入っています。

特にメッシは、それを使うのが上手です。

ペナルティエリアの外でシュートを打てないと判断したら、他の選手に一度ボールを預け、その後トップスピードでペナルティエリアへ侵入します。

そうすることによって、よりゴールに近い場所でもう一度パスを受け得点に結び付けているのです。

メッシはスピードがありますので、ゴーをされたらなかなか相手はついていけません。

ですのでゴール前の密集したエリアでも、少しですがフリーの瞬間を作ることができるのです。

このようにメッシはパスアンドゴーをうまく使い、ボールに関わり続けながら得点を量産しているのです。

パスアンドゴーは練習から身につける

パスをした後に走るというのは、練習から癖付けておく必要があります。

中学生や高校生でも、パスを出した後に止まってしまってボールへの関わりを止めてしまう選手が結構います。

そこでパスアンドゴーができていれば、数的優位をつくれたのにとか、ワンツーで裏に抜けてチャンスを作れたのにというシーンが結構あります。

15〜20mくらいのパスを出した後なら、パスアンドゴーをすれば再びボールに関わることができます。

それは1秒あれば5〜6m走ることができるからです。

15mのパスを出した後に5m走れば、10mの距離のサポートを作ることができます。

10mというのは、PKより短い距離です。

そのくらいの距離であれば、高い確率でパスを成功させることができると思います。

しかし、15〜20mの距離のパスを出したら、もう自分は関係ないやといって止まってしまう選手が多いのです。

スルーパスを出したら止まる、縦パスを出したら止まるなどの選手が多くとてももったいないです。

スルーパスを出した後に、前のFWに走ってついていったらマイナスのパスをもらったり、キーパーの弾いたボールを詰めることができるかもしれません。

しかし、こういう選手はただ単に走るのが嫌なのではなくて、パスを出した後に走るという癖が付いていないだけなのです。

ですのでしっかりと練習中から、出したら走るというのを癖づける必要があります。

練習からパスアンドゴーを意識して取り組み、試合でできるようにしておきましょう!

もちろん、試合中にはパスアンドゴーを必要としない場面もあります。

例えば、センターバックが前にいるボランチにパスをした後に、前方へゴーをしてワンツーをもらおうとしてボールを取られてしまったら、センターバックがいた真ん中の一番大事なスペースを空けてしまうことになります。

これは極端な例ですが、ポジションや状況によってはパスアンドゴーをしてはいけない場面というのも存在するのです。

また、パスをした後にゴーをするふりをして止まり、フリーになれることもあります。

サッカーは状況判断の必要なスポーツです。

ですのでしっかりと、味方の状況、相手の状況、スペース、時間帯、場所などを考慮してパスアンドゴーをするのかというのを判断することは大切です。

まとめ

パスアンドゴーの練習はサッカーにおいてとても大切な練習です。

パスアンドゴーをすることは、攻撃においてサポートを継続し続けることができるというメリットがあります。

そのパスアンドゴーは練習から癖付けておくことで、試合でもボールに関わり続けることのできる選手になります。

しっかりと練習から意識してパスアンドゴーを行うことで、たくさんボールに関われる選手になりましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です