歴代最高のパサーは誰?世界のサッカー選手のパサーランキング

サッカーは得点を決めた選手がクローズアップされがちです。

しかし、その裏にはチャンスを演出したパサーの存在があります。

あのパスがあったから、あいつが点を取れた。あのパスがあったから相手の守備が崩れた。

そういう芸術的なパスを出せるパサーはチームにとって大切な存在です。

スポンサードリンク



今回の記事では、世界のサッカー選手の中から最高のパサーをランキングで紹介したいと思います。

サッカーのパサーの必要性

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

今回は歴代の世界のサッカー選手の中から、僕の考える最高のパサーランキングを紹介したいと思います。

その前にサッカーにおけるパサーの必要性についてお話ししたいと思います。

サッカーには、ピッチに立つ11人それぞれに期待される役割があります。

ゴールを守る人、ボールを奪う人、ゴールを奪う人。

どの人が欠けてもサッカーというゲームに勝つことは難しくなります。

その中でもまた細かく期待される役割が分けられています。

例えばゴールを奪うということについても、フィニッシュを決めるストライカーと、チャンスを演出するゲームメーカーやドリブラーなどが存在します。

誰がどんな仕事をしなければいけないというのはサッカーにはありませんが、誰にどんな仕事を期待されているかというのはあります。

パサーと呼ばれる選手たちは、主に中盤に位置し、ゴールを奪うためのチャンスを演出する1本のパスを出すことを期待されています。

優れたドリブラーやストライカーがいても、優れたパサーがいなければそれらの選手の能力は最大限に活かせません。

チームに優れたパサーというのは不可欠な存在なのです。

優れたパサーに共通する3つの能力

パサーと呼ばれる選手たちには3つの共通した能力が備わっています。

キックの精度が高い

1つ目の能力はキックの精度が高いということです。

パサーと呼ばれる選手は共通して、他の選手よりもキックが上手です。

走っている味方選手のスピードを殺さないような、走り込んでいる足元にジャストなボールを蹴ることができます。

キックの種類も豊富で、インサイドで低くて速い球を蹴る時もありますし、インフロントでふわっと浮かせた滞空時間を利用したパスも出せます。

時にはアウトサイドなどを使って回転をかけ相手選手の足の届かないようなコースをたどるボールも蹴ることができます。

キックにバリエーションがあり、すべてのキックの精度が高いのです。

優れたパサーはどのような状況であっても、様々な種類のキックを使い分け、チャンスを演出するパスを出せるのです。

視野が広い

2つ目の能力は視野が広いということです。

優れたパサーはピッチを上空から見ているような、俯瞰的視野を持っていて1本の縦パスで相手ディフェンスを無効化してしまいます。

縦パスというのは、相手の守備組織を崩す上で絶対に必要なパスです。

縦パスにより置いて行かれた相手選手は、前向きの守備はできなくなります。

優れたパサーは、相手ディフェンスラインの選手がボールを後追いしなければならないような、相手をひっくり返すスルーパスを出し、味方選手に簡単にシュートを打てるような状況を作り出します。

本当に一流のパサーであれば、そのパスを相手MFのラインより手前から送ることができ、MFのラインとDFのラインの2ラインを突き刺すようなスルーパスを出し、何人もの相手選手の守備組織を無効化することができます。

優れたパサーは俯瞰的視野があり、相手選手がどことどこにいて、味方選手はどう走っていて、スペースはどのくらいあるのかというのが頭に描かれているので、まるで、針に糸を通すように相手選手の間を縫ったパスを出せるのです。

また、遠くを見ているようで近くに出したり、右を見ているようで左に出したりという、間接的な視野で状況をとらえるの能力もものすごく高いです。

間接視野で見れれば、相手選手を騙すことができ、より決定的なパスを出すことができます。

優れたパサーというのは、俯瞰的視野や間接視野が広いのです。

スポンサードリンク



創造性が豊か

3つ目は創造性が豊かということです。

いくらキックの精度が高くても、いくら視野が広くても、どういうパスを出すかというアイデアが思い浮かばなければ、芸術的なパスを出すことはできません。

優れたパサーは、センスの塊です。

どのようなパスを出したら、相手選手の裏をかくことができ、そのディフェンスを無効化できるのか、味方選手がシュートまでたどり着けるのかというのを一瞬で判断し、パスを繰り出します。

浮かすのか、グランダーなのか、カーブなのか、ストレートなのか。

優れたパサーはそのような一瞬のひらめき、創造力によってパスを出しているのです。

世界のパサーランキングベスト5

では歴代の世界のサッカー選手の中から、最高のパサーランキングベスト5を発表したいと思います。

パサーランキング第5位

パサーランキング第5位はアンドレス・イニエスタ選手です。

イニエスタ選手は、スペイン代表やバルセロナで活躍している、インナーハーフのポジションをやることの多い選手です。

ドリブルからのパスもできますし、相手ディフェンスラインとMFのラインの間でボールを受けることができるので、バイタルエリアからより効果的なスルーパスを出しチャンスを演出することができます。

パサーランキング第4位

パサーランキング第4位はルカ・モドリッチ選手です。

クロアチア代表や、レアル・マドリードで活躍しているMFの選手で、プレミアリーグ時代にはパス成功率ベスト3にも入ったことのあるパサーです。

正確なキックでサイドに振り分けるサイドチェンジのボールや、スルーパスなどでレアルの攻撃を牽引しています。

また、右足アウトサイドを使ってもサイドチェンジやスルーパスを繰り出すことができます。

アウトサイドを使うことによって、相手選手の狙っているタイミングをはずしたり、ボールが相手に当たらないようなコースを通るパスを送ることができチャンスにつなげます。

クリスティアーノ・ロナウドが得点を量産できるのは、モドリッチのパスがあるからとも言えます。

動画はモドリッチのアウトサイドパス集です。

パサーランキング第3位

パサーランキング第3位はアンドレア・ピルロ選手です。

イタリア代表や、ユベントスで活躍した中盤の底をやることの多い選手です。

中盤後方から正確なキックで右左真ん中にパスを振り分け、一気にチャンスになるような芸術的なパスを出せる優れたパサーです。

キックの精度が高いので、フリーキックでのアシストや得点も多いです。

パサーランキング第2位

パサーランキング第2位はシャビ・エルナンデスです。

シャビはスペイン代表やバルセロナでイニエスタと共に活躍したインナーハーフの選手です。

シャビは一試合平均500回以上首を動かし周囲の状況把握に努めています。

そのため、ピッチ上の敵、味方、すべての選手が見えていると言っていいほどの広い視野を持っています。

その広い視野からどこにチャンスがあるのかというのを判断し、効果的なパスを送ることができる選手なのです。

パサーランキング第1位

パサーランキング第1位はグティ選手です。

グティはスペイン代表やレアルマドリードで活躍したMFの選手です。

左足から繰り出されるスルーパスは芸術的で、相手のディフェンス組織を一瞬で崩してしまうような1本のパスを出せる歴代最高のパサーです。

グティのすごいところは、無駄にパスを浮かさないところです。

浮いているパスというのはパサーからしたら、相手選手の頭を越せるため出しやすいのですが、受けた味方選手は処理しづらくフィニッシュに持っていくのが難しいことがあります。

しかし、グティはいかなる状況でもグランダーでのパスコースを見つけることができ、受け手が処理しやすいパスをピンポイントで出すことができます。

相手と相手の間を、まさしく針に糸を通すようなパスでたくさんのチャンスを演出してきました。

その精度や創造性は、歴代最高のパサーといっても過言ではありません。

まとめ

世界のサッカー選手のパサーランキングはいかがでしたか?

彼らは、正確なキックと、広い視野、センスあふれる創造性を武器にパサーとして活躍してきました。

パサーと言われる選手がチームに入れば、ドリブラーやストライカーがより能力を発揮することができます。

中盤のゲームメークを任されている選手は、彼らの芸術的なプレーを参考にパサーとしてのセンスを磨きましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です