【サッカー】試合で使えるドリブルフェイントとその練習法

ドリブル突破のできるサッカー選手はとても貴重な存在です。

そのドリブル突破はあるフェイントを使うことで高い確率で相手を抜くことができます。

スポンサードリンク



今回の記事では、試合で使えるドリブルフェイントとその練習法を紹介したいと思います。

フェイントを使ってのドリブル突破は誰でもできるようになる

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

サッカーの基本技術のドリブルにはいくつかの種類があります。

ボールを前進させる運ぶドリブル。

相手のプレッシャーから逃れるためにおこなうキープのドリブル。

味方のサポートをまったり、味方が上がる時間を作る、タメのドリブル。

相手を抜いてチャンスを演出する突破のドリブル。

など、ドリブルと一言で言ってもサッカーには様々な種類のドリブルが存在するのです。

その中でも、相手を抜く突破のドリブルができる選手は、チームにとってとても貴重な選手となります。

ドリブルで相手を抜くということは、攻撃で数的優位を作り出したり、シュートを打てる場面を作り出したりと、ゴールを奪うチャンスを演出することができるからです。

世界のオフェンス能力の高いサッカー選手はみんな、突破のドリブルをすることができ、チャンスを演出し、チームの勝利に貢献しています。

また、その突破のドリブルの仕方にもいくつかの種類があります。

スピードを使って突破するやり方。

緩急を使って突破するやり方。

相手の動きを見て突破するやり方。

フェイントを使って突破するやり方。

などです。

この中でも、フェイントを使って突破するドリブルのやり方は、練習をすれば誰にでもできるようになると僕は考えています。

スピードで突破するやり方は、足の速さや瞬発力を上げなければできませんが、フェイントは練習法次第で誰でもできるようになります。

僕の話を少ししたいと思います。

僕は高校生までは、ドリブル自体あまりやらない選手でした。

しかし、大学に入りクリスティアーノロナウド選手のプレーを見て、こんなプレーをしたい!と思うようになり、ドリブルとフェイントの練習をするようになりました。

瞬発力には少し自信がありましたが、特別足が速いというわけでもなく、テクニックがあるというわけでもありませんでした。

ただただ、ロナウドに憧れ、真似をして練習をしていただけです。

すると次第に試合でもそのフェイントを使えるようになり、ドリブルで相手を突破できるようになりました。

さらにそれが武器となり、プロへの道に進むことができたのです。

サイドの選手やオフェンスの選手がフェイントを使えれば、相手を突破できる可能性が高まります。

相手を突破できるようになれば、チームの勝利に貢献することができます。

もう一度言いますが、フェイントを使ってのドリブル突破は練習次第で誰でもできるようになります!

みなさんもフェイントを習得して、サッカー上達につなげましょう^ ^

スポンサードリンク



試合で使えるドリブルフェイントはシザース

フェイントにはたくさんの種類があります。

エラシコ、ルーレット、クライフターン、ダブルタッチ、シザース。

その中でもシザースは、実戦で使えるおすすめのフェイントです。

シザースは、ボールを内から外にまたぎ、アウトサイドで右や左に行くと見せかけて突破していくフェイントです。

そのやり方にも様々な種類があります。

例えば、1回だけまたいで逆にいくシンプルなやり方。

2回またいで、最初にまたいだ方向に突破するやり方。

または、中村俊輔選手などが得意とする、裏をかいて、またいだ方に逆足のインサイドを使って抜いていくというやり方もあります。

また、シザースを使う前のドリブルのやり方にもいろいろあります。

アウトサイドをつかって運びながらシザースをしかけるやり方もあれば、インサイドを使って運びながらシザースをしかけるやり方もあります。

これらのいろいろなやり方を組み合わせて、その場の状況に合わせて使えるようになればドリブルで相手を抜けるようになります。

世界のトップレベルで活躍するドリブル突破を得意とするサッカー選手は、ほとんどがこのシザースを使うことができます。

クリスティアーノロナウド、ネイマール、ロナウジーニョなどなど。

これらの選手は他のフェイントもできますが、ここぞという時はシザースを使い相手を突破していることが多いです。

なぜシザースを使うのでしょうか?

それは、シザースが相手を抜くのに最も効果的なフェイントだからです。

ディフェンスというのは、相手の動きに対して反応しなければならない、リアクションが多い仕事です。

特にドリブルで1対1を仕掛けられた時には、一瞬でも反応が遅れると、一気に抜き去られる可能性があります。

ですので、神経を研ぎ澄まして、相手オフェンスの動きについていこうとします。

しかし、そんな時にシザースを使われると、どうしても、その動きに敏感に反応しがちになり、結果的に逆を突かれてドリブル突破を許してしまいます。

シザースはそんなディフェンスの心理を見事についたフェイントなので、効果が抜群なのです。

ドリブルフェイント、シザースの練習法を紹介

突破のドリブルに有効なフェイント、シザースの練習法を紹介します。

こちらの動画を御覧ください。

この動画は、シザースのやり方をポイントを押さえてわかりやすく説明してくれています。

まずはこの動画のように、シザースの基本である、1回マタギからの逆に運ぶフェイントを練習します。

シザースの動きが体に染み込むまで繰り返し行いましょう。

最初は今までしてこなかった体の動きなので、ぎこちなさがあると思いますが繰り返しているうちに慣れてきます。

その動きがズムーズにできるようになってきたら、今度はフェイントをかける間合いを掴む練習をします。

練習相手がいれば、ディフェンスをつけて試してみてください。

いなければ、動画にあるようにコーンなどをおいてやってみてください。

間合いとしては、相手に近づきすぎるとシザースをする前にボールを奪われてしまう可能性がありますので、その時のドリブルスピードにもよりますが、だいたい3mほど手前からしかけるのがいいと思います。

これらの個人練習を毎日繰り返し行えば、体がシザースの動きと間合いを覚えます。

そしたら、あとは試合で試してみるのみです。

最初はフェイントを使うのに勇気がいるかもしれませんが、チャレンジしないことには習得することができません。

ですのでチャンスがあれば積極的に試してみることが必要です。

1回試合で成功すれば、自信にもなります。

十分練習したら積極的に試してみましょう!

そして、これらの練習と同時に行ってほしいのが、体幹トレーニングです。

体幹トレーニングを行って、体幹を鍛えることは、自分の体を思った通りに動かすことに役立ちます。

自分の体を思った通りに動かすことができれば、ドリブルからのフェイントもやりやすくなります。

また、今回紹介したドリブルからのシザースは、体重移動が大切です。

シザースをして、相手の逆をついても、ボールと一緒に自分の体をスムーズに移動させることができなければ、ドリブルで相手を抜くことはできません。

その体重移動をスムーズにおこなうためにも、体幹トレーニングをして体幹を鍛えることは大切なのです。

体幹トレーニングに関しては過去の記事をチェックしてみてください^ ^

『体幹を鍛える』

まとめ

今回の記事では、ドリブル突破に有効なフェイントであるシザースの練習法を紹介しました。

フェイントを使ってのドリブル突破は練習すれば誰でもできるようになります。

ドリブル突破のできるサッカー選手は、チャンスを演出できる貴重な選手です。

しっかりと反復練習と体幹トレーニングをしてフェイントを身につけ、相手を突破できるサッカー選手になりましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です