【サッカー守備戦術】ゾーンディフェンスを磨くための練習メニュー

みなさんはゾーンディフェンスをどれだけ理解していますか?

ゾーンディフェンスはサッカーの守備を考えるうえで欠かせない戦術です。

そのゾーンディフェンスを磨くためのおすすめの練習メニューがあります。

スポンサードリンク



今回の記事では、ゾーンディフェンスとは何かや、ゾーンディフェンスを磨くための練習メニューについてお話ししたいと思います。

ゾーンディフェンスとは?

サッカーのプレーヤーズコーチのyamatoです。

現在、プロのチームや強豪チームのほとんどが、ゾーンディフェンスを主なディフェンスの戦術として採用し、チームのディフェンス力の向上を図っています。

ゾーンディフェンスはチーム全員がしっかり理解して行えば、たくさんのディフェンス時のメリットがあり、強固な守備組織をつくることが可能になります。

では、ゾーンディフェンスとはどういう守備戦術なのでしょうか?

ゾーンディフェンスとは、その名の通り、一人ひとりが与えられたゾーン(エリア)を守る方法です。

自分の担当するゾーンに入ってくる敵や、スペースをマークするディフェンスのやり方です。

4−4−2というフォーメーションなら、その形で少しづつポジショニングを調整しながら守備の組織を作り、ディフェンスをしていきます。

ボールがあるところに対して人数をかけて、チャレンジとカバーを作り続け、ボールを奪ったりゴールを守ったりしましょうというのが、ゾーンディフェンスの考え方です。

サッカーのディフェンスの仕方には大きく分けるとこのゾーンディフェンスと、マンツーマンディフェンスの2つがあります。

マンツーマンディフェンスはゾーンディフェンスとは違い、一人ひとりが相手の一人ひとりをマークしていく、人につくディフェンスのやり方です。

一度決めた相手にしつこくついていき、相手に自由を与えないようにします。

結局シュートを打ったり、パスを出したりするのは人なので、最初からその人を抑えてしまおうというのが、マンツーマンディフェンスの基本的な考え方です。

おもにコーナーキックの時や、サイドからクロスが上がる時、相手のエースに仕事をさせたくない時など要所要所でマンツーマンディフェンスを採用しているチームが多いです

スポンサードリンク



ゾーンディフェンスのメリット

ゾーンディフェンスにはたくさんのメリットがあります。

まず1つ目のメリットは、個人の能力で劣っていても組織でディフェンスをすることが可能ということです。

マンツーマンディフェンスでは、一人ひとりが相手の一人ひとりにつくやり方なので、1対1の勝負で勝てなければ、あっという間に数的優位を作られてディフェンスが崩壊してしまいます。

それに比べゾーンディフェンスでは、ボールがあるところに対して人数をかけるので、1人が抜かれたとしても、すぐにカバーリングに入ることができるところにポジショニングをとれます。

そのカバーリングの選手が抜かれたとしてもさらにカバーリングを作ることも可能です。

また、1つのボールに対して、2人でディフェンスにいき、挟み込んでボールを奪うディフェンスも可能になります。

この組織的なディフェンスができるということがまず1つ大きなメリットになります。

2つ目のメリットは、相手に危険なスペースを与えないですむということです。

人につくマンツーマンであれば、相手の動きに対してついていかなければなりません。

すると、ついていってしまったがために危険なスペースを相手に与えることになります。

スペースを与えてしまうと、他の相手にそのスペースに走りこまれて、ピンチを招くことになります。

それに比べゾーンディフェンスは、ゾーンをマークするので、相手の動きに惑わされることなくポジションニングをとることができます。

ですので、相手に危険なスペースを与えることは少なくなります。

これが2つ目のメリットです。

3つ目のメリットは、体力を温存できるということです。

マンツーマンディフェンスであれば、相手の動きに合わせてどこまでもついていかなければなりません。

相手の動きに合わせて動き続けるというのはとても疲れることです。

それに比べ、ゾーンディフェンスでは、相手の動きはさほど関係ありません。

相手が動いて、自分のゾーンから出てしまえば、前や後ろ、隣の選手にしっかりと伝えて受け渡しさえすればついていく必要がないのです。

たとえディフェンスラインの裏に相手が走ったとしても、ボールがでてこない状況ならついていく必要はありません。

ですのでゾーンディフェンスというのは、マンツーマンディフェンスの時に比べて圧倒的に動く量が減るのです。

ディフェンスで体力を温存することができたら、オフェンスに力を注ぐことができます。

以上がゾーンディフェンスにおける主なメリットです。

細かくあげればもっとメリットはありますが、とにかく効率的なディフェンスができるのがゾーンディフェンスなのです。

ゾーンディフェンスのポジションの取り方

では、そんなメリットたくさんのゾーンディフェンスでは、自分のポジショニングをどのようにして決めればいいのでしょうか?

マンツーマンディフェンスであれば、まずボールの位置、次に相手の位置をみて、相手とボールを同一視できて、なおかつ相手とゴールを結ぶ線上にポジショニングをとります。

それがゾーンディフェンスでは、こうなります。

まずボールの位置、次に味方の位置、最後に相手の位置をみてポジショニングをとります。

マンツーマンディフェンスが、相手の位置を先に確認するのに対して、ゾーンディフェンスでは相手の位置より先に、味方の位置がどこかでポジションニングをとるという違いがあるのです。

ゾーンディフェンスで作る守備隊形をブロックといいますが、例えば4−4−2の中盤がフラットなシステムを引いていてるチームであれば、中盤の4人とディフェンスラインの4人を結んで、長方形の守備ブロックを作ります。

そしてそのブロックを、ボールの位置に合わせて、真ん中に寄せたり、右や左にスライドさせてポジショニングをとります。

長方形の形をすこしづつ変化させながら、ボールに対してプレッシャーをかけるチャレンジをしつつ、みんなでカバーリングを作り続けます。

1つのボールに対して、誰かが寄せたら、その隣や後ろの選手はすかさずカバーの位置に入り、ボールの周りに対して人数をかけるポジショニングをとるのです。

このとき、隣の選手、前、後ろの選手と紐でつながっているような感覚を持ち、隣の選手が動いたら、それに引っ張られて動いてポジショニングをとることができれば強固な守備ブロックを構成することができます。

例えば、左のサイドバックがボールにアプローチしたのであれば、左のセンターバックはそのカバーリングに入れる斜め後ろによります。

さらにその動きに合わせて、右のセンターバックは左のセンターバックのカバーに入れるように、ボールサイドによります。(カバーは斜め後ろだが、最終ラインを構成するために左センターバックの横、同じ高さに位置)

さらに右サイドバックはその右センターバックのカバーに入れるように、左によります(右センターバックと同じ高さ)。

これが味方の位置でポジションが決まるということです。

隣の選手が動いたら動く、それの連続で、素早く守備ブロックが形成され、ボールに対して人数をかけることができるのです。

このポジショニングの取り方をチーム全員が理解して動けば、そう簡単に崩されることはありません。

それに、ボールに対してプレッシャーがしっかりかかっていれば、相手の動きについていかなくてもいいディフェンスができます。

中学生や高校生では、この味方の位置を無視してポジショニングをとっている選手が多く、ゾーンディフェンスをしているのに、相手の位置や動きにつられてしまい、組織的な守備隊形ができていないチームが多いです。

例えば、ディフェンスラインの選手が相手選手をマークしていて、その相手が中盤のラインまで落ちていったとします。

その落ちていった相手についていってしまい、ディフェンスラインに穴をあけてしまい、その空いたスペースに走られて突破されてしまうというのがよくあるディフェンスのミスです。

もちろん、自分のエリアならついていくときも必要ではあるのですが、そのエリアに他の相手選手が侵入しようとしているのであれば、そのケアもしなければなりません。

しっかりと前の味方選手との位置関係を守ってポジショニングをとれば、危険なスペースを与えずにすむのです。

そして落ちていく相手選手は、前にいる中盤の選手の方が近くなるわけですから、その選手に一声かけてコースを消させるか、受け渡すことをしなければなりません。

もちろん、これは基本的なポジショニングの取り方ですので、チームによってはここまではついて行けとか、ここはマンツーマン気味でいいんだという指示があるかもしれません。

それにゾーンディフェンスといってもマンツーマンディフェンスの考え方を完全に無視することもできません。

最後は相手の意図を潰しに行かなければならないので、人につくことも重要になります。

それは、そのチームの戦術に合わせて、あとは状況判断でポジショニングを取ってください。

それでも、ゾーンディフェンスと、マンツーマンディフェンスのポジショニングの取り方の違いを理解しておくというのは必要不可欠です。

ゾーンディフェンスを極める練習メニュー

では、ここでゾーンディフェンスを極めるためのおすすめの練習メニューを紹介したいと思います。

2対2のライン突破

横10m×縦20mくらいの長方形のグリッドのなかで、2対2のライン突破を行います。

始め方は、オフェンスとディフェンスのパス交換からスタートです。

オフェンスはライン突破を目指し、ディフェンスは突破されないようにしながらボールを奪います。

ディフェンスもボールを奪えたら逆のライン突破を目指しオフェンスも取られた瞬間にディフェンスをします。

このとき、注意してほしいのがセカンドディフェンダーがボールの状況に合わせてカバーリングのポジションをとるということです。

ファーストディフェンダーがしっかりとボールに寄せれていて裏にボールが出てこない状況であれば、そんなに深くカバーを取る必要はありません。

むしろ、積極的に前に出てパスカットを狙ったり、ボールに2人でチャレンジして奪い切ってしまってもいいと思います。

反対に、ファーストディフェンダーがボールに寄せれていなければ、もう一人のオフェンスに走られて裏にボールが出てくる可能性があるので、深めのカバーの位置を取る必要があります。

しっかりとボール周辺の状況を把握して、ポジションを取れるようにしましょう

4対4のライン突破

今度は人数を増やして4対4のライン突破です。

グリッドの大きさは、ペナルティエリアくらいがおすすめです。

横長のグリッドで、しっかりと4人でその幅を守れるようにポジション取りをします。

基本的には1人がボールにチャレンジしたら他3人がカバーの位置を取りラインを突破されないようにします。

それがサイドの選手がチャレンジに出ているのであれば、他3人がそちらのサイドにスライドしてカバーを作ります。

真ん中の選手が出ているのであれば、外側の選手が内側に絞りながらカバーを作りましょう。

気を付けなければいけないのが、やはりボール周辺の状況をしっかり見るということです。

あまりボールフォルダーにプレッシャーがかかっていないのに、スライドしすぎてしまったり、中に絞りすぎてしまうと、サイドに張っている選手にボールが渡りラインを突破されてしまいます。

ですので、ボールの位置、味方の位置をみてポジションを取りますが、ボール周辺の状況を確認して、相手の位置も見てポジションを取りましょう。

もちろんしっかりとボールにプレッシャーがかかって入れば、ボール周辺に人数をかけてボールを奪いきってしまうことが大切です。

ファーストディフェンダーは、ボールフォルダーに簡単にプレーさせないようにアプローチし、サイドを変えさせないようにしましょう。

まとめ

ゾーンディフェンスは2対2のチャレンジ&カバーの練習が基本となります。

サッカーは11人対11人で行いますが、局面局面を切り取れば、2対2がたくさんある状態とも言えます。

ですので、ディフェンスにおいては2対2の基本的考え方を、試合に当てはめて考えることができればゾーンディフェンスにおけるポジショニングがとれると思います。

ボールを中心にチャレンジとカバーを作り続けることが、強固な守備組織を構築する上で大切なこととなります。

皆さんも、ゾーンディフェンスを磨くために、2対2の練習や4対4の練習を意識をもってやってみてください^^

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です